不動産売却にかかる地方税について

家売るときににかかる地方税は、売却した年の翌年3月15日までに所得税の確定申告をした場合に、同年6月から納付が開始されます。

不動産売却にかかる税金には所得税と住民税があり、どちらも譲渡所得に税率を掛けて税額を求めます。

譲渡所得は、売却金額から取得費と譲渡費用を差し引いて算出します。特別控除の特例の対象となる場合は、さらに特別控除額を差し引きます。

税率は、売却した資産の保有期間が5年を超える場合は20%(うち住民税5%)、5年以下の場合は39%(うち住民税9%)であり、また10年を超えた居住用の資産である場合は譲渡所得6,000万円まで14%(うち住民税4%)の軽減税率で課税されます。

算出された所得税は確定申告をして申告と納税を行いますが、所得税の確定申告に関する情報は、自動的に納税者の住所がある市区町村に送られ住民税が計算されますので、所得税の確定申告をした場合、住民税の確定申告は不要となります。

そして所得税は申告期限である3月15日までに納付し、地方税である住民税は6月から特別徴収(給料から天引きされ納付)または普通徴収(年4回の納期限に従って納付)によって納付が開始されます。

ただし、納付すべき所得税の半分以上を申告期限までに納付した場合は、残りの税額を5月31日まで延納する事ができます。その場合、延納した税額に年1.8%の割合で利子税が加算されます。

また、特別徴収者が不動産売却に伴う多額の住民税を天引きされると、給料の大半を納税に充てる可能性もあるため、譲渡所得など給与所得以外の所得に係る住民税のみを普通徴収として納付する事もできます。

初心者向け!プロミスは電話申し込み可能?

初めての人はキャッシングをするときに多くの不安に駆られるものです。しかし、しっかりとした知識を身に着けておけばそれほど怖がることはありません。今の世の中は買い物のためや生活費のためにお金を借りることが当たり前になっているからです。キャッシングも利便性が高くなり、使い勝手がいいものになってきました。

企業の選び方としては、全国展開をしていて安心感のあるものにしましょう。初心者の場合には、全国展開をしているプロミスを活用するといいでしょう。申し込みの方法はいくつかあるので確認をしておきましょう。インターネットや電話や無人契約機があります。電話で申し込みをする場合には、オペレーターから必要な項目についての質問があります。具体的には誕生日や名前や住所といった個人情報です。電話での質問が終わったら、プロミス審査があります。無事に審査が終わると、来店での契約か郵送での契約か選択ができます。

プロミスでは申し込みをするときに収入証明書や本人確認書類が必要になるので、事前に準備をしておきましょう。郵送で契約をした場合には、外に出ることなく契約を完了させることができます。来店での契約の場合には、カードがすぐに発行されるので、すぐに融資を受けることができます。どちらの方法もメリットがあるので、状況に合わせて選択するといいでしょう。

キャッシングをするときには、返済計画をしっかりと立てて利用するといいです。無理のない計画を立てましょう。

カードローンで借入したときの体験談

転職してお金がなかったのですが、急に県外の実家に帰省しなければならなくなりました。
どうしても帰らなければならないのに、帰省費さえ工面できないので情けないなと思いながらどうしたものか頭を悩ませました。両親にいうのも情けないし、友人にお金を借りるのも万が一トラブルがあったら後々ギクシャクしそうだなと思っていたら、カードローンが頭に浮かびました。
カードローンで10万借りることなんか返済とか怖い人が来たら嫌だなとか、すごく高い金利で返せなかったらどうしようとかすごく否定的なことばかりが頭に浮かんできて仕方がありませんでした。
でも10日後には給料が給料が入る予定だったので、本当に必要な金額だけ借入することにしました。
ネットから申し込みが出来るので、わざわざ人目を気にしながら店内に入ることもなくて、精神的な負担が軽減されました。また、申し込みから審査まですごくスピーディーでびっくりしました。
その日に借入できるとか全く信用していなかったのですが、私の場合には翌日にはお金が手元にありました。
すごくありがたかったです。お金を借りてもしっかり返済できるように返済シュミレーションをしてから借りれるのは、自分自身しっかり考えて返済が出来るのですごくありがたい機能だなと思いました。
おかげで無事実家に帰省することができましたし、かけがえのない時間を過ごすことができました。借入額はそこまで多くなかったので、返済は給料が入ってすぐに完済できましたが、困った時に手軽に助けてもらえるのですごく心強いなと感じました。

銀行キャッシングの過払い金が発生しないケース

銀行のキャシングをして過払い金が発生することがあります。過払い金とは、余分に支払った利息のことを言います。もう少し細かく言えば、2006年まで消費者金融では、金利が29.2パーセントまで設定することが可能でした。そのため、多くの銀行のキャッシングや消費者金融で29.2パーセントを上限として金利を設定していたのです。この29.2パーセントは当時の出資法に出てくる金利の上限でした。実は出資法以外にも利息制限法という法律があり、そちらの法律では金利の上限が20パーセントとされていたのです。この2つの金利の差である20~29.2パーセントの部分は、グレーゾーンと呼ばれています。2006年の最高裁判所の判決では、29.2パーセントはあまりにも高いと言うことになりました。そこで、上限は当時の利息制限法の20パーセントにすることに決まったのです。では、今までグレーゾーンの部分の金利を支払って来た人はどうするでしょうか。この人達は過払いになっていますので、過払い金を請求することが出来るようになったのです。これが今注目されている過払い金請求になります。
そこで、過払い金が発生しないケースについて考えると、まず2006年以降に借り入れをした場合です。この場合は上限が20パーセントになっていますので、過払い金が発生することはありません。もう一つは、2006年より前に借り入れをしたけども、当時の利息制限法に従って貸し付けをしていた場合も過払い金は発生しません。

絶対便利!プロミスへの返済はインターネットからの振込みに限る

一般的には借り入れは頻繁に行うものではありません。
借り入れが一度あればそれを回数を掛けて返済していく、それが一般的なキャッシングの形になるかと思います。
重視しなくてはならないのは一回の借り入れではなく回数を重ねる返済にあるのです。

そのためにはプロミスではインターネットからの振込返済が最もお得になっており便利になっています。
細かく説明していきましょう。

プロミスには返済方法が多くありますが、返済に関わるれる手酢量が発生するものもあります。
そしてATMに向かわなくてはならないという手間があるものもありますし、毎回の返済額は最低返済額となる口座振替の返済もあります。
カードローンの返済が基本であることを考えると毎月のことになりますので手間は賭けたくはありませんし、コストもかけたくもありませんし、そしてその時の都合に合わせた金額を返済したいものです。
そうなるとインターネットバンキングからの返済はそのすべての点を兼ね備えていることになります。

会員ページから行うことができる返済です。
24時間いつでもインターネットがつながる環境にあればそこから返済をすることができます。
返済をするための手数料もかかりませんし、金額も自分で決めることができます。
もちろん最低返済額以上でなくてはなりませんがそれ以上であればいたって自由です。
今月は1万円でも来月は出費が多いから最低返済額に抑えるということも問題ありません。

利用できるインターネットバンキングには限りがありますので確認しておきましょう。